Template Mode(テンプレートモード)

Wednesday, December 05, 2018 5:18 PM

データ業界で長年働いてきたOctoparseチームは、データをより使いやすく、誰でも利用できるようにずっと努力しています。ですから、今年11月には、テンプレートモード(Template Mode)という、数々の革新の1つであるバージョン7.1  [ダウンロード ]をリリースしました。

 

 

テンプレートモード(Template Mode)とは?

具体的には、Octoparseのソフトには数十種類のあらかじめ作成されたテンプレートがあり、瞬時にデータを取得できて、スクレイピングタスクを設定する必要はありません。Octoparseの新しいタスクテンプレートは、誰でも簡単にWebスクレイピングを利用できるように設計されています。テンプレートを使用すると、タスクの作る学習時間を短縮し、すぐにデータを取得できます。

この時点でテンプレートはAmazon、Indeed、Instagram、Twitters、YouTube、食べログなど多くの人気サイトがカバーされています。また、皆さんがほかのWebサイトを追加したいなら、私たちに教えてください。テンプレートの作成を検討します。

 

 

ウィザードモードとの違いは?

ずっとOctoparseを使っている方は、すでにウィザードモードを試したかもしれません。実際には、新しいテンプレートモードとウィザードモードはまったく違います。ウィザードモードは特定のページ構造だけで機能し、ユーザーがWebページの構造を正しく把握する上に、どのデータフィールドを抽出したいかをOctoparseに伝える必要があります。テンプレートモードはあらかじめ構築されたスクレイパーで、Octoparseに検索条件を伝えるだけで、特定のWebサイトから事前に定義されたデータフィールドを抽出できます。

 

 

使い方は?

ステップ1.ホーム画面から「Task Templates」の下にある「 +Task」を選択する

ステップ2.テンプレートを選択する

ステップ3.事前に定義されたデータフィールドとパラメータを確認する

ステップ4.「Use Template」を選択する

ステップ5.検索キーワードなど、パラメータの変数を入力する

ステップ6.テンプレートを保存して実行する

 

 

 

いかがでしょうか?簡単でしょう!タスクテンプレートを使うと、プログラミング知識の少ない/ない人でも簡単にWebスクレイピングを達成できます。パラメータ(ターゲットページのURL、検索キーワードなど)を入力するだけで、データがどんどん抽出されてきます。皆さんも試してみてください。

 

 

 

関連記事:

Wizard Mode

Octoparseでタスクを作る 

Octoparse 7.1の新機能を見ましょう!

 

 

btn_sidebar_use.png