Webスクレイピングとは?

 

 

Webスクレイピングとは?

Webスクレイピング(Webデータ抽出、スクリーンスクレイピング、Webデータ収集とも呼ばれる)は、Webサイトから情報を抽出するコンピュータソフトウェア技術のことです。WebスクレイピングではWeb上の非構造化データの変換、一般的にはHTMLフォーマットからデータベースやスプレッドシートに格納・分析可能な構造化データへの変換に、より焦点が当てられています。通常、インターネット上で利用可能なデータは、Webブラウザでしか見られず、構造がほとんどありません。Web上に表示されるデータのコピーを保存する機能もなく、 唯一の選択は、手作業によるコピー&貼り付です。間違いなく、データを手動でスクレイピングして分離することは、時間がかかり退屈な仕事です。幸いなことに、Webスクレイピング技術は、そのプロセスを自動的に行い、短時間でデータを取得できます。

 

 

Webスクレイピングの用途

今日では、Webスクレイピングはニュースポータル、ブログ、フォーラム、Eコマースサイト、ソーシャルメディア、不動産、財務報告などさまざまな分野で広く使われています。オンラインでの価格比較、気象データ監視、Webサイトの変更検出、研究、WebマッシュアップやWebデータの統合などさまざまな用途もあります。

 

 

Webスクレイピング技術

Webスクレイピング技術は、スクレイピングソフトウェアツールによって実現されます。これらのツールは人間のブラウジングをシミュレートして、Webサイトとやり取りします。Webスクレイパーは、ブラウザーに表示されるデータだけでなく、Webページのソースコードからデータを抽出し、それらをローカル・フォルダーまたはデータベースに保存します。インターネットには、多くのWebスクレイピングツールがあります。Octoparseは代表なもので、コードを書くことなくWebデータを簡単に抽出でき、自由度の高いデータ収集が可能、しかも無料版もあります。

Octoparseのようなスクレイピングツールを使うと、複数のWebサイトでWebスクレイピングタスクを同時に行ったり、毎時、毎日、毎週など好きな頻繁にタスクを行うようにスケジュール設定できます。