スタートアップの成長に役立つツール6選!

あなたが起業やベンチャーにキャリアチェンジすることを考えたことがありますか?正直、私があります、特に仕事がうまくいかない時ですね。でも、何からはじめますか? 資金、経験、失敗、アイデア……と、いろいろな疑問が浮かび上がってきます。

今のビッグデータ時代には、ビッグデータを活用してビジネスに生かすことは、今や当たり前になりつつあり、この激しい競争の中でスタートアップが生き残る道も厳しいです。大企業などのように潤沢な資金と時間を費やせないスタートアップにとって、限られているリソースをどのように最大の効果に出るのか?

近年では、ソーシャルメディアような無料ツールが低予算でマーケティング戦略を実行することができます。マーケティングにかけられる予算が少ないスタートアップ企業は、マーケティングや広告の面ではかなり役に立ちます。

そこで今回は、タートアップの成長に欠かせないツールを6個、まとめてみました。

1.Googleトレンド

2.Googleアナリティクス

3.SimilarWeb

4.Octoparse

5.Mailchimp

6.Canva

 

 

 

 

 1. Googleトレンド

どんな業界でも、市場の動向を研究し予測することは不可避です。起業者として、最も経済的な方法は、ビッグデータを活用して、業界の情報を了解できることです。Googleトレンドは、起業家が業界の発展トレンドを把握するのに役立つ便利なツールです。

Googleトレンドとは、特定のキーワードがどれくらい検索されているのか、どんなキーワードが人気なのかを視覚的にみることができるサービスです。例えば、自社のブランドはどのように検索されているでしょうか?検索数が急増するタイミングは?競合他社の状況は?Googleトレンドでは、リアルタイムの検索データをもとに顧客の検索行動の推移を分析することができます。Googleトレンドを使って市場の動向・人気度を把握しながら、戦略調整に活かすことができます。

 

 

 

2. Googleアナリティクス

オンラインビジネスで起業を行う場合、まず最初は、自社の製品や商品をアピールするWebサイト/ホームページを作るのは普通ですね。そこでWebサイトの分析に欠かせないのはアクセス解析ツールです。アクセス解析ツールを入れると、

どれくらいの人が訪問しているのか

どれくらいの成果が出ているのか

どのページがよく見られているのか

といった情報が分かります。この情報をもとにマーケティングを行っていくのが基本です。

Google アナリティクスは、Googleが提供している無料で高機能なアクセス解析ツールです。サイトへのアクセス数をリアルタイムに把握したり、アクセスデータを期間ごとやデバイスごとで比較もできるため、課題を抽出してサイト運営に活かすことができます。今では、多くの投稿サイト(Qiitaなど)でもGoogleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込むことができます。トラッキングコードを埋め込むことで、自分の投稿やマイページなどがどの程度見られているかを把握することができるようになります。

 

 

 

 

3. SimilarWeb

Webサイトのアクセス解析をするうえで、競合サイトのアクセス状況と自社のWebサイトのアクセス状況を比較したい時がありますよね?しかし、競合サイトを運営している会社に直接聞くわけにはいきません。そこでURLを入力するだけで、そのサイトのアクセス状況などを把握することができるツール「SimilarWeb」お勧めします。

SimilarWeb(シミラーウェブ)とは、イURLを入力するだけで、対象のサイトのトラフィック数、流入、検索のキーワード等などといった競合サイトのアクセス状況を把握できるツールです。その数字は、統計的な推測値ですが、ある程度の近似値が得られるという認知が広がっています。その精度は、もちろん100%完全にわかるものではありません。しかし、競合他社のある程度の傾向がつかめるなど、世界中から注目を集めています。

 

 

4. Octoparse

ビジネスを成長させるためには、市場やターゲット顧客を拡大することが不可欠です。そのため、ネット上に掲載されている会社情報から、攻めたい企業を選ぶだけで、ターゲットリストを作るのは普通です。ターゲットリストを基に、リードやアポイントを追加し、顧客への適切なアプローチを可能にします。そこで、 Web情報を自動収集できるツール「Octoparse」を紹介したいです。

Octoparseは無料のWebスクレイピングツールで、コーディングせずにWebデータをすばやく取得でき、エクセルファイルなど利用可能なデータに変換できます。セールスにおいて、例えば、iタウンページからお店・企業の電話番号を取得する場合、コピペは面倒で、OctoparseのようなWebスクレイピングツールを使うと、電話番号を簡単に抽出し、効率的にセールスリストを作成できます。

 

 

 

 

5. Mailchimp

近年、日本でもデジタルマーケティングに関する施策を行う企業が増えてきました。そのなかで、もっとも身近な施策の1つが「メールマーケティング」です。企業は自社の持つ顧客リストに対してEメールを配信することで、集客やファンの育成、リピーターの醸成などの目的を達成しようとします。古くからあるメルマガ(メールマガジン)もメールマーケティングの一形態です。今回はメールマーケティングで大人気の「MailChimp」お勧めします。

MailChimpの最大のメリットは、無料で使用できる範囲が広い点です。簡単にHTMLメールが作成できて、日時指定でメール配信設定ができて、配信先メールアドレスリストの作成・管理、A/Bテスト、各種分析レポート、Facebook広告の作成などメール配信システムで使える一般的な機能はほぼ実装されています。

 

 

 

6. Canva 

Webサイト/ホームページを作る時、ソーシャルメディアで投稿するとき、プロモーションをする時、必ずいろいろな画像を設計する必要がありますよね。スタートアップは広告宣伝費に大きな予算を割けないので、宣伝画像のデザインに苦戦している会社も多いと思います。そこで、無料で使えるグラフィックデザインツール「Canva」を利用できます。

「フライヤー(チラシ)」「バナー広告」「ポスター」「ロゴ」「名刺」「プレゼンテーション」などのマーケティングや集客用のデザインテンプレートも用意されています。中には飲食店用のメニューデザインなんかもあります。テンプレの中から気に入ったものを選んで、文字や写真を変えたりすることで、簡単におしゃれなデザインが作成できます。コスト削減したいスタートアップにとってはかなり経済的ですね!

 

 

 

 


いかがでしたでしょうか?
これらのツールを一つずつ、消化してあなたのビジョンや目標達成に役立てて頂ければと思います。

 

Octoparse - Webサイトからデータを自動取得

 

関連記事

Webスクレイピングでコンテンツマーケティングを進める!

Webクローラーを構築してホテルの最新情報を入手しよう!

iタウンページから電話番号を取得する